京都の結婚相談はブライダル花梨

サイトマップ

私達のノウハウをお伝えし、婚活をお手伝いします。
トップ >男性入会者のお断りをしました。…
2017年5月
S M T W T F S
  1 2 3
4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

男性入会者のお断りをしました。

15,03,15koubai.jpg

結婚相談所は入会を希望しているお客様にはっきりお断りできません。

一昨日に電話があり昨夜来て頂きました。

初婚の爽やかな男性で好印象でした。

公的書類を全部お持ちで見せて頂きました。

その時に他の相談所も行き年収に問題あると触れられました。

源泉徴収票の年棒は低くその相談所から「これでは女性からお断りされる」と言われました。

「親からの年金収入を交際時に本人の通帳に振込みする」ことを言われました。

うちは「現在の年収と違うことが問題で交際時点から年収増えるのはおかしい」と申し上げました

うちでも本業以外の年収に別途収入を加える場合もあります。

預金通帳始め契約書など必ず証明書を頂きます。

自営業されている息子さんなら節税のため年収を抑えている場合もあります。

親が別途、子供に労働の対価として子供の通帳に入れる場合もあります。

婚約された場合は、生計を一つにするため給与明細や源泉徴収票の開示が必要です。

年収以外に不動産収入・投資信託・株配当などなら証明できます・

親の年金では、親が介護必要になったり病気になればお金を貰えません

その時に「年収金額が違えば会員と相談所がお相手女性から訴えられます」

そのような状態では入会条件に合いませんので難しいですと申し上げました。

良くわかりましたといわれて帰られました

日時:2017年3月28日 PM 10:17