ブライダル花梨はよくある婚活の結婚相談の質問に回答します

サイトマップ

私達のノウハウをお伝えし、婚活をお手伝いします。
結婚相談所京都花梨トップ>婚活アドバイス>よくある質問

自宅事務所

  • 相談所;ブライダルサロン花梨
  • 代表 土井康司
  • 京都府相楽郡精華町精華台1-37-2-526
  • 電話;0774-93-2440
  • 携帯;090-1673-7927
  • 営業時間;10時〜20時
  • 定休日;火曜・水曜日
  • 事前予約制。定休日も予約あれば営業

JBAオタメシ検索

スマホホームページ

カウンセラー資格

土井康司カウンセラー資格証明書 FACEBOOKページ Google+ページ Twitterページ

「この人なら!」と相手が心を動かされるポイント

私どもは、毎月何度でも無料のお見合いが出来るようにさせて頂いています。、一人でも多くの方と良縁が出来ることを願って出会う機会を増やしています。その為にも4つのポイントを心がけて下さい。

  1. 「メリット」を感じた時
  2. 「お返しをしたい」と感じた時
  3. 「協力したい」と感じた時
  4. 「この人に将来を託せる」と感じた時

相手の気持ちが動かされる時は自己中心でなく常に相手の立場に立ち聞く耳を持つことです

ポイントとして4点を感じた時には質問上手になりその答えを深堀することです

相手に対して感謝の気持ちと謙虚さがあれば「また会いたい人」になれます

下記に記した項目は、あなたの「また会いたい人度」を知るためのものです。
あなた自身が何項目該当するものがあるかであなたの「また会いたくなる人度」を知ることが出来ます。
あなたに「また会いたい」とお相手が思うかどうかは、ただの一秒で決まります。

「また会いたい」と思われるような好印象は、偶然に甘えることなく自らが仕掛けていかなくてはいけません。
それを実行した人生と、しなかった人生、どちらが充実しているか・・・。
私たちが開催する自己啓発セミナーにご参加いただけたら、あなたの「また会いたい人度」が向上し、仕事でもプライベートでも、 そして、結婚相手を探す場合においても必ずプラスになるはずです。

ポイントは「感謝」の言葉は「ありがたい」と思ったらお経と同じで平素から文書や口頭で使い慣れすることです

「また会いたい」と思われる人の考え方のルール

  • 反応が良い
  • 言動がポジティブ
  • 「まっいっか」で、気持ちをリセットできる
  • 「感謝・感動・関心」を上手に表現できる
  • 相手の価値観を大事にできる
  • 相手の欲求を見極められる
  • 「おもてなしの心」を態度で示すことができる
  • 笑いよりも感動を与えることができる
  • 思ったことはそのまましゃべらない
  • 一人反省会をする
  • オリジナルのデーターバンクを作っている
  • 1秒刻みで考える習慣がある
  • 自分にコンセプトがある
  • 心と体の筋トレをしている

「また会いたい」と思われる人の見た目のルール

  • 清潔感を大事にする
  • 口角が最低5ミリ
  • 姿勢が良いこと
  • 目線が真っ直ぐ
  • 手癖、足癖がない
  • ファッションスキルが高い
  • 足元はいつも格好がいい

「また会いたい」と思われる人の行動のルール

  • 褒められたら、第一声は「ありがとう」
  • 一時的な損は進んでする
  • お金の使い方にマナーがある
  • 想像力を鍛えて会話力を養っている
  • カチンときたら「ゆるくゆるく反応」
  • 礼儀とマナーを徹底している
  • 会話の中に相手を巻き込める
  • 人と縁を切ることを恐れない
  • ネガティブな人に巻き込まれない
  • 悪口、陰口、愚痴を言う相手には、賢くかわそう
  • 「意外に失礼な言葉」は使わない
  • 笑顔以外の表情で語れる
  • 「ここにいる人」を大事にした会話ができる
  • オープンに話すと相手を不安にさせることがあると知っている
  • 好かれようとせず、「必要とされる人」になろうとする

女性が「この人との結婚はないな」と感じる男性の特徴9パターン

結婚相手として男性をチェックするときの女性は、単に「かっこいい」や「おもしろい」といったポイントだけでなく様々な観点を持っています。特に結婚に関しては先を見据えた厳しい視線を向けているようです。では、女性は「結婚」を想定したとき、男性のどのような部分をチェックしているのでしょうか。今回は女性の声を基に、女性が「この人との結婚はないな」と感じる男性の特徴をご紹介します。

【1】飲食店の店員などの他人に対して横柄な態度で接する。

知り合いだけを大切にし、他人を尊重しないパターンです。「人間が小さすぎる。」(30代女性)、「本性を垣間見た気分になる。大切にしてくれなそう。」(20代女性)など、態度の大きさに嫌悪感を覚える女性は少なくないようです。「消費者としてビシッと主張できる人」といった評価をされることはほとんどないので、どんな人にもあまり上からものを言うべきではないでしょう。

【2】歩きたばこをするなど、マナーの意識が低い。

マナーよりも自分の都合を優先するパターンです。「マナーのなっていない人と人生を共にするのはイヤ。」(20代女性)、「思いやりがないと思うから。」(20代女性)など、公共空間を家庭に置きかえてイメージする女性は多いようです。小さなマナー違反でも、「これくらいならいいや」が家庭に置きかえられるリスクを考えると、当然ですが避けるべきでしょう。

【3】泣く赤ん坊にイラつくなど、子供に冷たいところがある。

子供に対して大らかな態度で接することができないパターンです。「幸せな家庭を築ける気がしない。」(20代女性)など、結婚した後、子供をもうけることへの不安を抱かせてしまうようです。自分の子供は別だと思っている人も、女性はそういった態度の区別に疑問を抱くと考えたほうが良いでしょう。

【4】プレゼントにケチをつけるなど、こだわりが強く自分を曲げない。

とにかく自分の価値基準に合わないものは認めないパターンです。「プレゼントを『他のものに替えてきて』と言われ、好意を踏みにじってまで自分を曲げない人とは添い遂げられないと思った。」(20代女性)など、他人の意見や好意を尊重できない人に対して女性は結婚を意識できないようです。女性の価値観に全て委ねることもありませんが、ところどころ妥協する寛容さも必要でしょう。

【5】「女性は家を守るもの」といった一方的な価値観を押しつけて曲げない。

女性の立場を尊重できないパターンです。「『家事は女のすることでしょ?』と言われ、共働きの時代に女性の負担を考えられない人なんだとがっかりした。」(20代女性)など、自分の価値観を曲げない男性は女性からの評価が低いようです。結婚相手には専業主婦になってもらいたいという願望を持っていたとしても、女性の意見に耳を傾けて話し合うような態度が必要でしょう。

【6】すぐため息をついたりと、日頃からグチをこぼしがち。

自分の悩みで頭がいっぱいになるパターンです。「一緒にいて楽しめないし、ネガティブさをまき散らすのは周囲に気を使えない人だと思う。」(20代女性)など、重苦しい家庭環境を想像してしまう女性は多いようです。あまりグチっぽいと親身になって聞いてくれる女性もやがて離れてしまうはず。弱音はほどほどにしたいものです。

【7】趣味にお金をかけて貯金しないなど、金銭感覚が甘い。

お金に関して先のことなどを考慮しないパターンです。「収入の問題じゃない。お金に関する考え方が合わないと将来が不安になる。」(20代女性)など、生活の基本となる金銭の問題に無頓着な人は、パートナーとしての資格を疑われてしまうようです。まずはやりくりしながら貯金を始めることが、結婚を意識させる男の第一歩なのかもしれません。

【8】くちゃくちゃ音をたてたりと、食べ方が汚い。

食事におけるマナーが悪いパターンです。「マナーが悪い人は無理。」(20代女性)、「毎食見ると思うと我慢できない。」(30代女性)、「子供の教育に良くないから。」(20代女性)など、生理的に嫌悪感を抱く女性は少なくないようです。食事のマナーはささいなことかもしれませんが、毎日となるとストレスにつながる恐れがあります。一人暮らしなどで自由に振る舞っている人ほど注意が必要かもしれません。

【9】結婚観についてのマジメな話をふざけて受け流す。

話し合うべき大事な問題から逃げてしまうパターンです。「大事なことを話し合えないと、結婚しても続かないと思う。」(30代女性)、「これから先も大事なことから逃げ出すと思う。」(20代女性)など、向き合って話し合えない男性に不安を感じる女性は多いようです。同じ意見ではないにしろ、きちんと自分の考えを伝えて議論することが大切でしょう。

やはり結婚となると将来や日々の生活まで考える女性は多いようです。結婚を意識している男性は是非参考にしてみてください。また、他にも結婚を考えられなくなるような男性の特徴はあるのでしょうか。ご意見をお待ちしております

半数以上の女性が「ドライブ中に彼氏にゲンメツ」した経験がある――。車を運転する男性にとってはちょっと気になる「ドライブデートに関する調査」を、財団法人道路交通情報通信システムセンターが実施した。男性のドライブ中言動

この調査は20〜30代の女性501人を対象に行われたもの。まず、「ドライブデートをしたことがありますか」とたずねたところ、93%が「ある」と回答し、“車離れ”が叫ばれる昨今においてもドライブはデートの重要な要素となっていることが分かった。

次に「ドライブ中に彼氏にドキッとした経験がありますか」とたずねると、「ある」は66%で、その内容は「スムーズな車庫入れ」(51%)、「狭い道でもスムーズな運転」(42%)、「運転席から助手席のものをとる仕草」(36%)、「止まる時に助手席の前に手を出してくれる仕草」(29%)と続いた。

しかし一方で「ドライブ中に彼氏にゲンメツした経験がありますか」との質問では、54%と半数以上が「ある」と回答。その理由は「ほかの車に文句を言う」(49%)、「運転が乱暴」(42%)、「渋滞でイライラして八つ当たり」(38%)がトップ3で、ドライブだからこそ分かった彼氏の意外な一面にゲンメツする女性が多いようだ。

そして「ドライブ中に喧嘩をしたことがありますか」をたずねたところ、65%が「ある」と回答。さらに「ドライブ中の喧嘩で別れを決意したことがありますか」との質問では、10%が「ある」と答えている。

資料請求

ブライダルサロン花梨携帯電話